デリケートゾーンの黒ずみ予防に食事は関係あるの?

こんにちは、あかねです。
デリケートゾーンの黒ずみについて、多くの女性が悩んだことがあるのではないのでしょうか。

🌝あなたのケアはうまくいっていますか?
人にはなかなか相談できないので、どう改善したら良いか分からないというかたのために参考にしてもらいたいです。

今回は体の内側から予防・改善するケア方法、ズバリ食事です!
[voice icon=”https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2018/01/1480644466-459139.png” name=”管理人あかね” type=”l”]黒ずみの予防に食事なんかで効果があるの!?[/voice]

結論から言うと黒ずみ予防にも必要不可欠な栄養素があります。

詳しく深掘りして答えを出してまいりますので是非最後までお読みください。
新たな発見があるかも!ですよ。


前回の記事はこちら
[kanren postid=”4206″]

デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム

緑

ピンクのお肌作りには体の内側から改善しよう!

そもそも、何故デリケートゾーンが黒ずんでしまうのでしょうか。
女性は妊娠、出産、加齢など体が変化しやすく、同時に黒ずみになってしまうんだそうです。

メラニン、ターンオーバー、ホルモンバランスの乱れと大きく関係しています。


この3つは肌トラブルだけと思いがちですが、デリケートゾーンだってスキンケアをすればピンクの肌になるんです。

肌が何らかの刺激を受け、肌そのものが保護しようとした時黒ずみになりやすいと言われています。
例えば、締め付けられる下着の摩擦でも黒ずんでしまう原因になってしまいます。

[aside type=”boader”] 素材も綿やシルクなど通気性が良く、吸湿性が高いものを選ぶと擦れず、快適な環境を整えることができます。
また避けきれない加齢によるターンオーバーは30代頃から見られる女性の天敵です。 [/aside]

デリケートゾーンだけでなく、「あらゆる素肌が若い時とは違う」アセアセそう感じてしまうことがあるかもしれません。

 


自分自身でできる予防としては

[aside type=”boader”]

摩擦による刺激から守ること

新陳代謝の周期を整えること

[/aside]

そして

 

体の外側からだけでなく、体の内側から改善すること

これらがキーポイントになってくるのです。


 

ピンクのお肌作りに効果がある食事で今あるデリケートゾーンの黒ずみ問題とサヨナラしてみてはいかがでしょうか。
自宅で手軽にできるケアなので長く続けられること間違いなしです。

メラニン色素が黒ずみの悪玉菌だ!

メラニン色素と言えば、一般的にシミになる原因と考えられていますが、実はデリケートゾーンの黒ずみの悪玉菌と言われているのです。

メラニン生成が生まれる仕組みを大雑把にかみ砕くと「肌が刺激を受けたせいで保護しようとする働き」に当たります。
デリケートゾーンだけでなく、ワキや乳首が黒くなるのも、このメラニン色素が原因になっているんです。

 


単純に考えればメラニン色素の分泌量を減らすことができれば黒ずんだ肌を酷くさせないんですよね。

[voice icon=”https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2018/01/1480644466-459139.png” name=”管理人あかね” type=”l”]プラセンタとビタミンCはお肌の再生効果があるとされていて、メラニン色素の分泌量を抑制してくれる働きがあります。[/voice]

つまり、女性にとっての救世主的存在の頼もしいパートナーになるというわけです。

ビタミンCは水溶性で肌の酸化を防いでくれます。
ストレスを抱える現代人の体内では活性酸素が多くなる傾向があります。

その代わり、ビタミンCを積極的に摂っていれば身代わりになって酸化されることで、細胞を傷付けることなく酸化から守ってくれる仕組みなのです。

 


毎日の食事でビタミンCを摂取することが難しいと考えている方はサプリメントを組み合わせて栄養価を補ってみてはいかがでしょうか。

 

心強い存在のビタミンCにも弱点があるんです。

それは空気に触れると成分が壊れやすいことなんです。
ビタミンCの性質を知り、上手く付き合っていくことが重要なのです。

 

ピンク

黒ずみ予防に必要不可欠な栄養素があるよ!

黒ずみ予防に必要不可欠な栄養素が鉄分です。

貧血予防に効果があると言われていますが、それと同時に黒ずみ予防にも期待される成分として注目されています。

 

鉄分の性質として、かみ砕いて言うなら「血液内の老廃物とされる二酸化炭素を外に出してくれる性質」を持っています。
新陳代謝が促されるので肌が再生するのです。

 


貧血にも美容効果もあるなんて女性は積極的に鉄分を摂りたいものですね。

ですが、鉄分を摂らなすぎても摂り過ぎてもダメなんです。

 

鉄分過剰摂取は胃腸に負担を与える中毒、胃腸損傷、脳、肝臓など多くの臓器にダメージを与える血色素症などを引き起こしてしまうので要注意です。

上手な摂り方としては、ビタミンCと一緒に摂ることがおすすめです。

 

ビタミンCは鉄が腸から吸収される際、鉄を吸収しやすい形に変えてくれます。
大豆、海苔、ホウレンソウは豊富なビタミンと鉄分が含まれていますので上手に摂取してみてくださいね。

どうしてもビタミンCや鉄分が毎日摂れないという方はサプリメントで代用しても構いません。

 


 

ヒジキ、昆布、アサリ、アーモンドなど手軽に食べられるおかずやおやつにも鉄分が含まれているので手軽に摂取できるので、長く続けられる美容方法になるのではないのでしょうか。

お肌もデリケートゾーンも綺麗になるので一石二鳥になる栄養素ですね。

 

あとがき/まとめ

デリケートゾーンの黒ずみは自宅に手軽にケアできるだけではなく、自分自身が食生活、生活改善をすれば予防できるのだと改めて実感しました。

 

下着は締め付けられるタイプのものではなく繊維にもこだわったものを選ぶと摩擦が減り、快適な環境を整えられます。
また、食事に気を付けることでデリケートゾーン、お肌の再生が計れるのには驚かされました。


クエン酸やリンゴ酸と鉄分を摂ると体内に吸収されやすいので幅広い世代の女性にとって心強い存在になるのではないでしょうか。
ストレスや喫煙、暴飲暴食は肌にとって天敵です。

ストレスを抱えやすい現代人は、特に肌トラブルを抱えやすくなっています。


 

常日頃からゆったりした気持ちで過ごすことが理想的な形ですが、仕事、育児、家事をこなす女性にとっては簡単なことではないでしょう。

[voice icon=”https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2018/01/1480644466-459139.png” name=”管理人あかね” type=”l”]そんな忙しい女性のためにもデリケートゾーンを労わる食材や栄養価は頼もしくもありますね。[/voice]

 

食べなすぎ・摂りすぎに気を付けながら、時間にゆとりを持つことが大切なのです。

弱酸性の肌に優しいソープで優しく洗い、保湿しながら日々ケアすれば黒ずんだデリケートゾーンが生まれ変わる日も近いのではないのでしょうか。

そのためにも、意識改善しながら生活を見直していくことが必要になってきますね。
病院に行くことで黒ずみ改善することも可能ですが、まずは自身でケアすることからチャレンジしてみませんか?

 

デリケートゾーンのケアならこちらがおススメです💛

 

ピンク
<デリケートゾーンの黒ずみケア-関連記事->

[kanren postid=”4257,4220,4208,4206,4204,4203,4202,4183,4174″]

ピンク

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

管理人あかねです

ワキガ強管理人のあかねです。わきがを治すためにあらゆるチャレンジをしてきました!あなたのワキガ臭の悩みはなんですか?私のブログがその解決に役立てば嬉しいです。
↓プロフィール↓
⇒運営者情報

人気わきがブログランキング
ポチッと応援よろしくお願いします
 

Twitter(フォローしてね♪)

最近の記事

  1. 芸能人に学ぼう!ワキガ対策

  2. 自宅で簡単ワキガケア

  3. クリアネオを使ってみたレビューと口コミ「ワキガは治るのか?」

  4. 「ワキガ男女の比率」どんな違いがあるの?

  5. 「自宅で治すワキガ対策」春夏秋冬市販クリーム編

最近のコメント

    TOP