顔汗の対策クリームでメイク崩れを止める方法

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ダラダラ流れ出る顔汗が止まらない。
あなたはそんな悩みを抱えていませんか。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_260.png
あかね

当記事では、顔汗の対策クリームでメイク崩れを止める方法など、対処法について詳しく解説します。



そして、

顔汗が止まらず化粧崩れも止らないで困っている

あなたは是非読んでみてください。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_265-e1674135847252.png
あかね

顔からダラダラ流れる汗って気になると余計に止まりませんよね(TwT。)
そんな顔汗の悩みを解決してくれるケア方法はないものでしょうか。



また、化粧をちゃんと維持するにはこの汗をなんとかしなくちゃなりません。
色々体験しましたので、ご紹介したいと思います。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_260.png
あかね

さて、そもそも顔汗はどうしてかくのでしょうか。
というより、汗が止まらないことが問題ですよね。



誰も汗などかいてないのに自分だけ突然かきはじめるのはナゼ?
しかも止まらない

あせれば、あせるほどもう、どうにも止まらない。

f:id:tp315:20180222194121j:plain
まずは顔汗の止らないその原因とは何なのでしょうか。
対策を講じる前にそこから考えてみましょう。

意外な事実と効果的なケアのヒントが見えてきます。



顔汗の悩みケア「サラフェプラス」
「初回限定500円(税込:送料無料)
お試しサイズ朝晩3日分
の詳細を見る


顔汗の原因ってなに?


前回の記事でも顔汗の原因に特化し詳しく解説しています。
ご覧になっていない方はどうぞ。



顔汗の原因と対策はいかがでしたか。
過度なプレッシャーやストレスが原因のひとつの精神性発汗の場合が多いようです。


 
その他、食事や病気の場合も考えられますが、専門の制汗クリームなどでかなり抑えられることも多いようです。
それでは、その基本的な顔汗ケアを踏まえたうえで今回の本題「化粧崩れ」にオススメのケア方法をご紹介します。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_265-e1674135847252.png
あかね

まず、この化粧崩れ問題も原因をしっかりと把握してなければ上手に解決しません。
ケアのポイントとなるワードは「保湿」でした。



以前の記事で私はサラフェプラスという制汗剤がなかなか良かったので紹介しています。
私が使った印象では。

3日目で

顔汗が少なくなった感じ。最初は少し肌が荒れたけど3日で気にならなくなりますね。

サラフェプラスを朝つけるだけでは正直少し足りない

感じ。それでも人に会う前につけると、だいぶ気分が違う。なによりも、こまめに付けることでストレスが軽減してきたのが嬉しいかな。

Tゾーンの汗が凄く

とにかく恥ずかしかったんです。サラフェプラスを使用してからは少しずつ気にならなくなっています。

暑い日や顔汗が出そうな日

はバッグに入れておくと安心!

汗が酷い所には2度塗り

をするとかなり汗の量を抑えることが出来ることを発見。

ハンカチを

何枚も使わずに済むようになる。

多汗症の友人に

紹介したところ、「保湿力があるのにつけ心地もサラサラしててベタつかない。効果は3日目ぐらいから汗が徐々に減っていくのが実感できた。ちょっと高いね…」とのこと。

お昼まではメイクが

持つようになりました。また、メイクの上からでも使えるので、いつも持ち歩いています。

 

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_265-e1674135847252.png
あかね

まぁ、メイク直しの回数は間違いなく減りましたね。


突然の止まらない汗をかく恐怖とストレスを考えるとちょっと高いけどコスパも悪くはないという印象です。

メイクをする上でのポイントなど

メイクをする上でのポイントなど

メイクをする上でのポイントなど



スキンケアの方法やメイクのポイントなどは化粧崩れを防止する大事なところです。
是非おさえておきたい具体的なこととは?

ここでも、乾燥・汗・皮脂に注目したケアが効果的です。

特におでこや鼻の部分に皮脂が多いので化粧崩れをおこしやすいですよね。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_264g.png
管理人

スキンケアに関しては肌にしっかりとなじませることがポイントですね。


それにしても、朝の忙しい時間帯にメンドイことは嫌なものです
でも、忙しさのあまりにずぼらケアをすることにより悲劇が生まれます( ̄□||||!!
また、冬場の乾燥によるお肌のダメージも化粧崩れの重大な要因です。
そんなイヤな乾燥の季節を含めたオールシーズンでのケアのポイントはズバリ「洗顔」

皮脂汚れを落として乾燥も防ぐ洗顔方法とは

皮脂汚れを落として乾燥も防ぐ洗顔方法とは

皮脂汚れを落として乾燥も防ぐ洗顔方法とは



やってみれば、実に簡単なことですが見落としがち。
洗顔時のお湯の温度などもとても大事です。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_261-300x300.png
管理人あかね

熱いのはNG!。夏場などは常温(そのまま)で良いでしょう。



毛穴のケアも大切なポイントですが、くれぐれもやり過ぎは注意です。
1ヶ月に1~2度で充分ですよ。
毛穴パックは月に1~2回。
毛穴の開き過ぎは化粧崩れを誘発します。
 

まとめると、
洗顔時の注意ポイント⇒ぬるめのお湯で洗いすぎない。
毛穴パックはほどほどに⇒1~2回/月
紫外線対策の日焼け止めクリームの正しい使い方⇒吸着タイプや潤いタイプを部分的に使い分ける(UVカットの効果目的だけで使用しない)
 

あとがき


化粧崩れの効果的な防止対策、いかがでしたか。
特に「洗いすぎに注意」は大事なポイントです。

実は体中どこでも、言えることなのですがゴシゴシ洗うことによって汚れ以外の肌に必要な潤い成分やサポート成分を根こそぎ落としてしまいます。

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_260.png
あかね

例えば、体臭・ワキガなどで悩んでいる人にも多く見られますがゴシゴシと目の粗いタオルでこすり落としています。



これによって何が起こるのかというと悪夢がおこるのですねΣ(▼□▼メ)
うるおい肌に必要な善玉常在菌をほぼ100%洗い落としてしまうと、正常なお肌に復活するまで72時間程度(丸3日間)かかります


その間、まってましたとばかり、ニオイを発生する悪玉菌がお肌を支配してきます。
クサいニオイは丸3日間どうにも回復しません。

そうすると、またあせって何回もシャワーを浴びたり、執拗にゴシゴシ洗ってしまいますよね。

正に悪循環!ですよね。

同じようなことが洗顔にも言えます。

 

熱いお湯で洗ったり、洗いすぎたりすることでお肌の正常なターンオーバーは直ぐに破壊してしまいます。

その結果、化粧崩れを引き起こす。
同じ事を繰り返せば慢性的にです。

そうならないためにも「洗う」ということ、洗顔に少し気を付けてみてください

f:id:tp315:20180223150331j:plain

顔に使える制汗ジェル「サラフェプラス」
詳細を見る

https://ginza-mita.com/delicate/wp-content/uploads/2023/01/wakiwakig_260.png
あかね

さらに、あなたが解決したい悩みは下記カテゴリーより選んでください↓


※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

管理人あかねです

ワキガ強管理人のあかねです。わきがを治すためにあらゆるチャレンジをしてきました!あなたのワキガ臭の悩みはなんですか?私のブログがその解決に役立てば嬉しいです。
↓プロフィール↓
⇒運営者情報

人気わきがブログランキング
ポチッと応援よろしくお願いします
 

Twitter(フォローしてね♪)

最近の記事

  1. クリアネオVSノアンデ消臭テスト動画③ワキガの人で実際にテストしてみた

  2. クリアネオをamazonや楽天で損せず購入する方法とは!?

  3. ワキガの子供にクリアネオが安心して使えるワケとは

  4. クリアネオパール使った感想|動画追加

  5. 自由が丘でワキガ治療の安いおすすめ人気美容クリニック5選!チチガやスソワキガも切らない施術!

  6. ターンオーバーを整えてデリケートゾーンの黒ずみを改善する!

  7. 洗っても臭い【スソガ】の対策方法

最近のコメント

    TOP