銀座Mitaクリニック

診療予約はこちら

銀座Mitaクリニック

診療予約 アクセス

Trouble

お悩みから探す

Contact

TEL
03-6263-8711

東京都中央区銀座5-5-18 藤小西ビル7F

Troubleニキビ治療

ニキビ治療

ニキビは皮脂の分泌が盛んになる思春期に多く、炎症が起こると痕が残ることがあります。ニキビと、治療が難しいと考えられていたニキビ痕の治療についてご紹介します。

「ニキビ」の経過

ニキビは皮脂の分泌が増えてくる中学生ごろから出来始め、高校生の頃がピークになります。思春期を過ぎてからできる大人ニキビもあります。皮脂の分泌が多く、毛穴が詰まることで、毛穴の中に皮脂がたまってできます。毛穴の中に皮脂が溜まると、毛穴の常在菌であるアクネ菌が増えやすくなり、炎症を起こすこともあります。

「ニキビ痕」のできるメカニズム

ニキビが炎症を起こすと、毛穴の中で皮脂が固まって芯になったり、化膿したり、赤く腫れて熱を持ったりします。強い炎症が起きると周辺の真皮がダメージを受け、これを修復するために異常なコラーゲンが生成され、瘢痕組織となります。この瘢痕組織が、盛り上がったり凹んだりしたニキビ痕ができる原因です。ダメージを受けた真皮の深さによって、ニキビ痕も異なった形状になります。

「ニキビ」の治療

薬やスキンケア

ニキビの治療や再発予防には、アダパレンという塗り薬を使用します。毛穴の詰まりを良くする薬で、ニキビが出来にくくなります。炎症を起こしている場合には、抗生物質の飲み薬を使用することもあります。
ニキビの悪化を予防するためには、1日2回の洗顔がすすめられますが、洗いすぎたり、強くこすったり、刺激の強い洗顔剤の使用は避けたほうが良いでしょう。ニキビ用のスキンケア用品を使用するのもおすすめします。

フラクショナルレーザー

レーザーなどの光エネルギーを細かい点状に照射することで、真皮内の瘢痕を壊し、コラーゲンの生成を促して正常な真皮の組織を再生する治療法です。

当院の「ニキビ」、「ニキビ痕」の治療

ePLUS

当院では、ePLUSという複合治療器に、eMatrixアプリケータを使用し、ニキビやニキビ痕の治療を行います。eMatrixアプリケータは、高周波を点状に照射することで、表皮にダメージを与えずに、真皮に熱を伝えることができます。表皮へのダメージは少なく、真皮に深く広く熱を伝えるため、治療後迅速にコラーゲン線維やエラスチン線維の増加が認められ、正常な真皮の再生が期待できますまた、ニキビ痕だけでなく、皮脂腺にもダメージを与えるため皮脂分泌が抑制され、ニキビの悪化や再発の予防も期待できる治療法です。ニキビ痕の状態によって、加熱する深さや範囲を変えることで、ニキビ痕の色素沈着や肌のキメなどを整えることもできます。

Medical menu施術メニュー