銀座Mitaクリニック

診療予約はこちら

銀座Mitaクリニック

診療予約 アクセス

Trouble

お悩みから探す

Contact

TEL
03-6263-8711

東京都中央区銀座5-5-18 藤小西ビル7F

Trouble巻き爪

巻き爪

足の指の爪の両端が内側に丸く湾曲した状態を巻き爪と言います。痛みが出たり、傷から化膿したりするため、治療が必要です。巻き爪の原因と治療法について紹介します。

「巻き爪」の症状

巻き爪は男女問わず起こる症状です。足の親指の爪に起こることが多いのですが、他の指でも巻き爪になることがあります。巻き爪は、爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みが出たり、傷が出来たところから化膿したりすることが多くなります。歩くと痛みが出るため、なるべく痛みが出ないような歩き方をして、ひざや足首、腰などに負担をかけて、腰痛や膝痛に繋がることもあります。

巻き爪が進行すると、両側が皮膚に食い込んで丸くなり、肉を盛り上げるようになることもあります。食い込んだ部分の爪を短く切ると一時的には痛みが治まりますが、また爪が延びると爪が皮膚に突き刺さり、悪循環となります。また、痛みや傷が出るほど巻き爪になっていなくても、間違ったネイルケアをしていると、悪化する可能性があります。

「巻き爪」になる原因

巻き爪になる原因として、次のようなことが考えられています。

  • 1. 靴のサイズが足に合っていない
    小さいサイズの靴や、先の細くなった靴の場合、爪が圧迫されて巻き爪の原因になります。また大きすぎる靴も、靴の中で足が移動して当たるため、やはり巻き爪の原因になります。
  • 2. 深爪
    足の爪を指の先が見えるほど深く切ると、爪が延びる時に両側の皮膚に食い込み、巻き爪の原因となります。
  • 3. 足先に負担のかかるスポーツ
    足の指先に負担がかかったり、衝撃を受けるスポーツで巻き爪になることがあります。サッカーやバスケットボール、ジョギングやテニスなど、特に靴のサイズに気を付ける必要があります。

「巻き爪」にならないためのネイルケア

巻き爪にならないためには、爪の整え方が重要です。爪の先端が指先と同じか、1ミリ程度長く切ることをおすすめします。また、両側が皮膚に食い込まないように、先端を四角く切るスクエアカットにすると、巻き爪を予防できます。

「巻き爪」の治療法

コットンパッキング

軽度の巻き爪の場合には、皮膚に食い込んだ爪を起こしてコットンを詰めると痛みが和らぎます。爪が延びるのを待って、正しい切り方でネイルケアをすると悪化を予防することができます。

爪の矯正

形状記憶合金のワイヤーやプレートなどで、爪の形を矯正する方法です。爪の先端に穴を開けてワイヤーを通し、丸く変形した爪の形を平坦に矯正していく方法です。爪に穴を開けるスペースが無い場合には、形状記憶のプレートを爪に接着する方法もあります。3~8ヵ月の間に、数回ワイヤーの架け替えが必要ですが、非常に効果の高い治療法です。

手術療法

変形した爪が生えてくる爪の根元の部分を切除する手術法です。短期間で治療することが出来ますが、術後の痛みを伴うことや、入浴できない期間があるなどのデメリットがあります。

Medical menu施術メニュー