銀座Mitaクリニック

診療予約はこちら

銀座Mitaクリニック

診療予約 アクセス

Trouble

お悩みから探す

Contact

TEL
03-6263-8711

東京都中央区銀座5-5-18 藤小西ビル7F

Trouble目の下のクマ

目の下のクマ

見た目年齢を左右する顔のパーツの中で、特に目元の印象は重要です。特に、目の周りが黒ずんで見える「クマ」は、幅広い年齢の方で経験する症状のひとつです。目の下のクマが出来る原因や治療法について紹介します。

「目の下のクマ」の原因

目の下が黒ずんで見える「クマ」や「くすみ」の原因は、いくつか考えられています。

目の周りの血液の流れが悪くなる

目の周りの皮膚は、まばたきをしたり、眼球をスムースに動かしたりするために、全身の中でも特に薄くなっています。また、目の下には比較的太い静脈が通っているため、PCやスマートフォンなどで目を酷使したり、疲労や睡眠不足が原因で、目の周りの血液の流れが悪くなると、薄い皮膚から血液の色が透けて、黒ずんで見えるようになります。

色素沈着

加齢に伴って、目の周りのメラニン色素の量が増加すると言われています。目の周りは、皮膚の厚さが薄いため、皮膚のターンオーバーの周期の乱れの影響を受けやすい場所です。

目の周りのしわやたるみ

皮膚のハリや弾力は、真皮を構成するコラーゲン線維やエラスチン線維の量や構造によって支えられています。加齢に伴い、コラーゲン線維やエラスチン線維の量や水分保持量が減ったり、皮膚の構造が壊れたりしてくると、目の周りの小じわやたるみの原因となります。目の周りのたるみや小じわが影を作り、更に目の下のくまを目立たせるようになります。

「目の下のクマ」の治療法

目の下のくまが出来る原因から考えていきます。

血行をよくする

目の周りの血行を良くするマッサージは効果的です。また、習慣的に運動をすると、全身の血液の流れがよくなり、目の下のクマが出来にくくなる可能性があります。食生活や睡眠など、生活習慣を整えることも重要です。喫煙は、血管を収縮するため血液の流れを悪くします。禁煙を心がけるようにしましょう。

紫外線予防

日焼け対策は重要です。紫外線はメラニン量を増やすだけでなく、コラーゲン線維にダメージを与え、皮膚のハリや弾力を損なう原因となります。日差しの強い期間だけでなく、年間を通して日焼け止めなどを使用するようにしましょう。

ヒアルロン酸注入

目の下の皮膚のたるみやしわが目立つ場合には、ヒアルロン酸の注入を行い、目の下の皮膚のハリや弾力を回復させると、目の下のクマが目立たなくなります。

光エネルギーによる目元の治療

光エネルギーによる治療が、目の下のくまには効果的です。目の下の色素沈着や、しわやたるみの改善に効果が期待できます。メラニンを多く含む表皮から、真皮層以下まで加熱することで、皮膚のターンオーバーを促したり、皮膚のハリや弾力を取り戻すことが出来ます

当院の「目の下のクマ」の治療

ePLUS

当院では、ePLUSという複合治療器に、必要に応じて数種類のアプリケータを組み合わせて「目の下のクマ」を治療します。SR/SRAアプリケータでは、パルスライトと高周波で、安全に表皮を加熱し、メラニン色素のターンオーバーを促し、目の下のくすみや色素沈着を改善します。SublimeアプリケータやMotif IRアプリケータでは、赤外線またはダイオードレーザーと高周波(RF)で真皮上層を加熱し、しわやたるみの治療をします。真皮上層に熱エネルギーで炎症を起こし、浮腫によってハリを取戻し、たるみを目立たなくする治療法です。数種類のアプリケータを組み合わせて施術を行うと、熱エネルギーを与える深さや広さなどが異なるため、目の下のクマに対して相乗的に治療することができます。

Medical menu施術メニュー