銀座Mitaクリニック

診療予約はこちら

銀座Mitaクリニック

診療予約 アクセス

Trouble

お悩みから探す

Contact

TEL
03-6263-8711

東京都中央区銀座5-5-18 藤小西ビル7F

Troubleたるみ

たるみ

「たるみ」は、見た目年齢を左右する大きな要因で、多くの方が年齢を感じる肌の悩みのひとつです。たるみができるメカニズムから、治療方法まで解説していきます。

「たるみ」とは

たるみは、肌のハリがなくなることによって起こります。ハリの少なくなった皮膚は、重力に抵抗できずに頬が下がり、目の下がくぼみ、それによってほうれい線やマリオネットラインが現れ、フェイスラインが大きくなり、顔全体が変形したように見えます。ほうれい線やマリオネットラインは、しわではなく、頬のたるみによる境界線と考えられます。

「たるみ」ができる原因

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。たるみに関係する、肌のハリや弾力性を担っているのは、真皮と皮下組織です。真皮は、コラーゲン線維と呼ばれる強靭な線維状のタンパク質が網目構造を作り真皮を支えています。さらにこの網目をエラスチン線維が支えています。若い肌では、こうした肌を支える線維が充実しているため、ハリや弾力に富んだ肌に見えます。

皮膚の加齢変化

おおよそ25歳を過ぎた頃から、コラーゲン線維やエラスチン線維など皮膚の構造を支える線維を生成する線維芽細胞の機能が低下し始めるため、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが減少してきます。そのため、ハリや弾力が損なわれ、たるみの原因となります。

紫外線

紫外線が真皮まで達すると、コラーゲン線維やエラスチン線維が変性して皮膚のハリや弾力が失われ、たるみの原因となります。

皮下脂肪

皮膚の第3層目である皮下組織は、大部分が皮下脂肪で出来ています。皮下脂肪を支える表情筋が衰えたり、皮下脂肪が肥大化することで重力に逆らえず、たるむ原因となります。

「たるみ」の治療法

外科的な治療

フェイスリフトの目的で、たるんでしまった皮膚を持ち上げる手術があります。額、あご、マリオネットラインのたるみの改善に有効です。初期のたるみの場合、溶ける糸を使用した自然な仕上がりのフェイスリフトは、1~2年間の効果が期待できます。たるみが進行している場合には、太い糸での施術となりますが、持続期間は長くなります。

光エネルギー

外科的な治療に抵抗のある方では、光エネルギーによる治療が、たるみに対して期待できます。真皮層以下を加熱することで、一時的に真皮上層に炎症を生じさせ浮腫によるハリやたるみの改善が期待できます。また、長期複数回治療することで、真皮の線維芽細胞の活性化を促し、コラーゲンやエラスチンなど、皮膚構造を再建します。

当院の「たるみ」の治療

ePLUS

当院では、ePLUSという複合治療器にSublimeアプリケータやMotif IRを使用し、赤外線やダイオードレーザーに高周波(RF)を組み合わせて、「たるみ」の治療をします。肌表面はコンタクトクーリングによって冷却温存されるため、ダメージを受けずに真皮まで熱エネルギーを与えられます。真皮上層に熱エネルギーで炎症を起こし、浮腫によってハリを取戻し、たるみを目立たなくする治療法です。また、繰り返し施術を行うことで、真皮の線維芽細胞を活性化させて、コラーゲンの産生を促すため、根本的なたるみの改善に繋がります。
アプリケータを組み合わせて施術を行うと、熱エネルギーを与える深さや広さなどが異なるため、相乗的に治療することができます。

詳しい料金表はこちら

Medical menu施術メニュー