銀座で1番安心・親切な美容皮膚科を目指して-銀座Mitaクリニック 三田院長の想い2

三田院長が来て欲しいと思っているお客様像

  1. エステや美容クリニックに何回行っても上手くいかないという方
  2. 美容カウンセラーと話して治療を決めることに疑問をもった方
  3. 女性院長とゆっくり話せて親切な美容クリニックを探している方
  4. 皮膚科だけでなく女性特有のデリケートな悩みを相談したい方
  5. 毎月銀座に親子でお買い物に来て、親子で美容を診てもらえる気さくな先生を探している方

エステや美容クリニックに何回行っても上手くいかないという方

Ms. 三田院長は、エステでハイフを受けてひどい内出血になった後に来られた患者さんのことを忘れられません。ですからハイフ(HIFU)ではなく医療HIFU(医療ハイフ)に来て欲しいなと思うのです。顔の筋肉や血管など医療の知識が求められるハイフをエステで受けること自体が、実は大きなリスクだと三田先生は思っています。

また、ヒアルロン酸の注入法にしても、色々な経験と知識が必要なことはもちろん、「患者様がどうなりたいか」というご希望を、治療する医師がきっちりと理解して治療を行わないといけないとも思っています。ヒアルロン酸ひとつとっても、粘度や特性の違いがありますし、注入方法にも上手い下手があるのです。「こんなんはずじゃなかった」という方が減らないのは、実はこの辺の違いだということの説明もない美容クリニックが多いことが、とても気になっています。

したがって、何度エステや美容クリニックに行っても「上手くいかない」「満足できない」というご経験をした方、なぜそうなったのかを説明してあげるだけでも、気持ちに影響すると思いますので、そのような方は「あきらめる前に是非とも会いに来て話をしてほしいな」と三田院長は思っているそうです。

美容カウンセラーと話して治療を決めることに疑問をもった方

エステティックサロンでしたらまだ納得できるのですが、美容皮膚科クリニックに行くと、なぜか最初に美容カウンセラーとかカウンセラーとか名称はともかく、医師ではない方が応対することが多いのはお気づきですか?そして、多くの場合は、あなたが書き込んだ質問表の答えをみながら、あなたの悩みやどうしたいかということを聞き取ろうとします。その上で、この美容カウンセラーさんが、「当院」ではどのようなメニューがお勧めで、「皆さん、こういう風に受けています」という情報を提供してくれます。お客さんは、理解しようとして一生懸命集中して聞きますから、実は大事なことを考える暇がありません。本当はここで、「ちょっと待って、私は美容クリニックに来たんだから、お医者さんと話すんじゃないの?」と言わなければならないはずなのですが、この美容カウンセラーさんはときかく話が上手い方が多くどんどん押してきますので、ついついその話に乗ってしまい、どの治療を受けるかということがこの段階で決まってしまうことが多いのです。有名な美容クリニックに行ったことのある方ほど、こういう経験をされていると思います。

正直言って、この美容カウンセラーさんとの話が「嫌だな」と思ったことがある方はいらっしゃいませんか?三田院長は、そういう方が実は多いのではないかと思っています。

そもそも、クリニックに来たのですから、お医者様と話したいのは当然です。しかし、多くの大手美容クリニックでは、美容カウンセラーが営業して治療メニューを決め、お医者様は患者様に対してその決めたメニューを提供するという役割分担となっているところが多く、お医者様がその患者様を診察して、こちらのメニューの方がいいのではないかと思ったとしても、一度決まったメニューを変えると、美容カウンセラーから怒られるというような体制になっている場合が、結構あるのです。ちょっと驚きですよね。

女性院長とゆっくり話せて親切な美容クリニックを探している方

銀座Mitaクリニックの三田院長は、医師として大手美容クリニックに勤務している頃から、この日本の美容皮膚科クリニックでは当たり前となっている、美容カウンセラーのシステムに疑問をもっている一人でした。何故、医師ではないスタッフが先に患者様の悩みや症状について聞くのか、そして何故彼らが治療に当たるメニューを選び提案しているのか、そして医師として患者さんの問診を行った結果、選ばれた治療メニューとは違う選択肢を提案したりすると、クリニックから怒られるのか。効率的に営業成績を上げていく為にはとても良いシステムなのでしょうが、果たしてお客様の視線で見た時にそれがいいのか、医療として考えたときにそれがいいのか、とても疑問に感じました。

ですから、銀座Mitaクリニックでは、三田院長が自ら患者さんの悩みや要望をじっくり聞くことをポリシーとしてやっています。その上で、形成外科医師として、美容皮膚科医師として、経験してきたことを総動員して、お客様である患者さんの立場を重視して提案できるのです。ですから、他院や他の業態(エステなど)では何故そのような施術を行ったのかであるとか、この場合は何故そうなるのかという考えられる理由だとか、今できることとして最適な答えとしては現実的には何があるのかとかいうお話を、してあげることができるのだそうです。

そんなことから、多くのお客様が「こんなに話を聞いてくれた」「分からなかったことが全てクリアになった」「どうしていいのか分からなかったが、具体的な提案を、しっかりとした根拠に基づいて説明してもらえた」などと、感動を語っていらっしゃるのも、頷けます。

安心親切な美容皮膚科

皮膚科だけでなく女性特有のデリケートな悩みを相談したい方

更に、三田院長が訴えたいことがあります。多くの美容外科や美容皮膚科の院長先生は男性です。しかし、大半のお客様は女性です。形成外科の領域は実は顔にとどまりません。そして、メスを持った手術について、実は三田院長は相当経験を有しています。

そこで、デリケートゾーンのお悩みについてのご相談も、是非お出で下さいというのが、三田院長の来て欲しいと思っているもうひとつのカテゴリーです。どのような悩みかというと、例えばコチラのサイトで語られているような内容については、全て三田先生が対応できますので、どうぞどうぞ女性同士ですからご相談下さいと仰っています。

毎月銀座に親子でお買い物に来て、親子で美容を診てもらえる気さくな先生を探している方

銀座にお買い物に来られる方は、行きつけのお店を持っていらっしゃる方が多いと思います。大手の百貨店かもしれませんし、老舗のレストランかもしれません。

そんな銀座に遊びに来る理由のひとつに、親子で美容皮膚科というジャンルを是非とも加えて欲しいと三田院長はご提案しています。

もちろん、大人の親子を想定しています。お子さんに当たる方が20代でも、30代、40代、50代でも構いません。そうなるとお母様は40歳台から、50歳代、60歳代、70歳代、80歳代のおしゃれな方かもしれません。女性はいくつになっても綺麗でいたい、昔のように戻りたいなど美容には関心が高いですし、いつでも気軽にお話にこれるような美容皮膚科クリニックが銀座にあれば、ちょっと寄っていく楽しみがひとつ増えるというもの。そんなところが、銀座Mitaクリニックなのです。

ご予約・ご相談はお気軽に
お一人お一人が思い描く「きれい」のあり方を一緒に見つめます
いつでも気軽にご相談ください