03-6263-8711 10:00~12:30/
14:00~19:00
木曜・日曜・祝日休診
予約・お問い合わせ

【東京・銀座】陰核(クリトリス)包茎術・女医が担当l 銀座Mitaクリニック

陰核(クリトリス)包茎術 陰核(クリトリス)包茎術

陰核(クリトリス)包茎術とは

陰核(クリトリス)は小陰唇上部の突起した部分であり、その外側には包皮と呼ばれる全体的に覆いかぶさっている皮膚があります。 包皮は全員にありますが、覆いかぶさっている量は人によって異なります。 通常よりたくさんの包皮に覆われており、刺激などがあっても容易に陰核(クリトリス)が露出しない状態を「陰核(クリトリス)包茎」と呼びます。

性交時に触られても何も感じないと悩む、刺激された際に皮膚が擦れて痛みやかぶれがある、包皮に覆われた部分に垢が溜まり臭いが発することがあるため、この包皮を部分的に切除するのが陰核(クリトリス)包茎術です。

陰核(クリトリス)包茎術の施術方法

陰核(クリトリス)包茎術では、過剰なクリトリス包皮を部分的に切除し、クリトリスを適度に露出させて形を整えます。 女性器を清潔に保てる、セックスの感度が向上するなどのメリットがあります。

ただ包皮はクリトリスを保護する働きもあるため、切除しすぎないことが重要です。 包皮が足りないと痛みで歩けない、刺激に慣れすぎて性交時の感度が落ちてしまうなどのトラブルに繋がります。

クリトリス包茎手術は単独でも行えますが、小陰唇肥大と合併している場合は同時に手術することが多いです。

陰核(クリトリス)包茎術はこんな方におすすめ

  • 不感症で悩んでいる
  • 臭いが気になる
  • 将来の介護のために見た目を綺麗にしたい
  • クリトリスを刺激されると痛みがある
  • クリトリス周辺に垢が溜まりやすい

陰核(クリトリス)包茎術の施術詳細

施術時間 30~60分ほど
麻酔 当院では最初に表面麻酔を行った後、局所麻酔を行います。表面麻酔をすることで局所麻酔時の注射の痛みを緩和することができます。
痛み 術後3日~1週間ほどで治まります。
腫れ、傷跡 血流が豊富な場所の為、傷跡は目立ちません。腫れや赤みは1~2週間ほどで治まる方が多いです。
通院ペース 術後2週間で経過を確認いたします。
お薬 内服薬3日分(抗生剤/痛み止め)、塗り薬
シャワー・入浴 シャワーは翌日より可能です。入浴はお体を温めると腫れが長引く場合がありますので、2週間は控えてください。
性交渉 痛みが無くて傷口が擦れなければ2~3週間後から可能ですが、1ヶ月後からが望ましいです。
術後 施術当日は長時間の歩行は控え、帰宅後は安静に過ごしましょう。必要以上に患部は触らないでください。通常のデスクワークであれば、翌日から可能です。

麻酔方法

当院では最初に表面麻酔を行った後、局所麻酔を行います。表面麻酔をすることで局所麻酔時の注射の痛みを緩和することができます。

陰部は血流が豊富な部位のため1〜2週間は血が滲むこともありますが、落ち着くので心配する必要はありません。 血が滲む期間はナプキンで患部を保護し、手術当日はできるだけ安静に過ごしましょう。痛み止めの内服薬を処方するので、術後の痛みも心配ありません。

銀座Mitaクリニックが選ばれる理由とは

銀座Mitaクリニックは三田院長が診察、カウンセリングから治療まで全て行います。開業してから患者様からのクレーム・トラブルは1件もありません。

銀座Mitaクリニックでは三田院長

三田院長は女医なので相談しやすく、最初から最後まで安心して任せられます。

当院の通われる患者様の特徴

  • 医療関係者(歯科医・看護師など)の方
  • 大手美容整形クリニックから切り替えた方
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)だけでなく、遠方(仙台・茨城・群馬・名古屋・静岡など)からも通われます

料金

陰核(クリトリス)手術 154,000
※別途、血液検査代がかかります。

Q&A

Q. 入院は必要ですか?

A. 日帰り手術ですので、入院の必要はありません。

Q. 仕事はどれくらい休まないといけませんか?

A. 手術自体は全身への負担は少ないため、事務仕事や家事は翌日から可能です。休める場合は2日間程度あるとさらに安心です。
立ち仕事や外回りなど体を多く使う場合は2〜3日間の休みをとり、安静にしておいた方が術後の経過が良くなります。

Q. スポーツはいつから出来ますか?

A. 一般的なスポーツは、痛みがなくて患部がすれないものは2〜3週間でできます。 自転車にまたがる、股間が擦れてしまうスポーツは最低1ヶ月控えましょう。

Q. 傷口は目立ちませんか?

A. 1ヶ月程度で殆ど分からなくなります。皮膚と違って粘膜なので傷が非常にきれいになります。

Q. パートナーに分かってしまう事はありませんか?

A. 治療前から知っている場合は変化に気づくこともありますが、見ただけで気づかれるケースは少ないです。

Q. 授乳や出産に問題はありませんか?

A. 授乳には全く問題ありません。傷が治れば出産も大丈夫です

Q. 手術後に生理になってしまっても大丈夫ですか?

A. 手術後1週間程度は傷口を清潔にしておくため、生理が終わってからの治療がお勧めです。 しかし生理不順などで手術後すぐに生理になった場合、タンポンを使用して清潔にしましょう。

Q. 女性医師に治療してもらいたいのですが?

A. 当院は女性の三田院長が診察、カウンセリングから治療まで全て行います。

Q. 感染は起こしませんか?

A. 陰核(クリトリス)は感染しやすい部位ではないため、手術後に抗生剤を服用し、翌日からはシャワーで患部を清潔にしていれば感染することは滅多にありません。